余裕がなく、ガツガツしている男はモテない。

 

どうも、白石です^^

 

ところで、世間では

「ガツガツしているとモテない」

とよく言われていますよね。

 

実際、

「がっついてる男の人は嫌い」

という女性は多くいます。

 

でも、

女性は基本的には受け身なので、

相当なイケメンや金持ちでもない限り

並の男たちは積極的にアプローチしないで

ただ待っているだけでは、

何も始まらないのも事実です。

 

もしかしたら

「ガツガツしている男はモテない」

と聞いて、

身動きがとれなくなってしまっている

という方もいるかもしれませんね。

 

がっついたらモテないって聞いたから、

LINEも必要以上に送らなかったし…

デートにもあまり誘わないようにしたし…

1回断られたら諦めるようにしてたけど…

 

結果的に、

モテてないし、

彼女もできないやないかヽ(`Д´)ノ

みたいな(汗)

 

どうやって立ち回ればいいのか?

わからなくなってしまっているかもしれません(^_^;)

 

でも

「ガツガツしている」のと、

「積極的」なのでは一見同じようですが、

実際は異なっています。

 

「ガツガツしている」

と思われないようにすれば、

「自分から積極的にアプローチしにいく」

というスタンスは崩さなくても大丈夫なんですよね。

 

なので、この記事では

ガツガツしているというのはどういうことかを知り、

どうすればガツガツせずに積極的にアプローチできるのか?

について解説していきたいと思います。

 

「積極的にアプローチしたら、ガツガツしてると思われて嫌われちゃうんじゃないか?」

 

って考えてしまい、

 

「なかなかアクションが起こせない…」

という方にとって参考になればなと思います^^

 

「ガツガツしている」とは、どういった状態を指すのか?

 

 

それでは、まず

“ガツガツしている”

とはどういう状態を意味しているのか?

 

「ガツガツしている」と思われてしまう人の特徴を見ていきましょう。

 

ガツガツしていると思われる男性には、

2つのタイプがいるのかなと思います。

 

1つ目は、

とにかくS◯Xがしたいというタイプ(笑)

 

恋愛とかまどろっこしい過程は省いて、

とにかくS◯Xがしたい。

 

チャンスだと思えば、なんの脈絡もなしに見境なくアプローチするような男のことですね。

 

「女なら誰でもいい」

って感じのやつです…

 

会ってすぐに2人で会おうとする、

しかも夜遅くにサシで飲もうとか

あきらかに下心満載なお誘いをしてしまう人…

 

(知人に酔わせてヤろうとしている連中がいましたが、

「いや正直それって、レ◯プと変わんないでしょ?」

ってドン引きした記憶があります(汗))

 

とにかくS◯Xに早く持ち込みたいので、

じっくり信頼関係を築くというプロセスを

省きたがる傾向にあります(^_^;)

 

たいていは、

「それにしか興味ないのかよ キモッ」

って感じでドン引きされるタイプですね(汗)

 

このブログは読んでいただいている方には

こっち系の人はいないと思いますので、

心配しなくても大丈夫でしょう。

 

2つ目のタイプは、

恋愛経験が少ない方に多いですが、

好きな女性に対して気持ちが抑えられずに

猛烈アピールしてしまった結果、

「ガツガツしている」

って思われてしまうタイプですね。

 

連絡先を交換できたことや、

1~2回デートができたことで

勝手に舞い上がってしまい、

 

「次はいつ会える?」

「もっと一緒にいたいな。」

 

みたいにグイグイくるような必死な感じが

「ガツガツしている」と思われて、

女性が引いてしまう原因になります。

 

「あれ?結構いい感じだったのに、

なんか急に冷たくなった…(ノД`)」

みたいな事も起きてしまうんですよね。

 

あなたがどっちのタイプであろうと関係なしに、「ガツガツしている」と思われてしまった時点で、かなりの確率で嫌われてしまうでしょう。

 

それでは、「なぜガツガツしているとモテないのか」について見ていきましょう。

 

なぜガツガツしているとモテないのか?

 

 

では、

なぜガツガツしている男はモテないのか?

 

もしかしたら

「ガツガツしている」ということと、

「積極的に女性にアプローチする」

ということを混同してしまって、

身動きがとれなくなってしまっている

という方もいるかもしれません。

 

しかし、

この記事の最初の方で述べたように

「ガツガツする」のと、

「積極的にアプローチする」のでは

一見同じに見えても実は中身が異なります。

 

どう違うのかというと、

女性のことを考えているかどうか?

です。

 

ガツガツしているとモテない原因は、

女性の気持ちを考えることができていないから。

 

後ほど説明しますが、

男性と女性との間では

「温度差」があることが大半です。

 

付き合う前は、

好意のレベルが「男>女」であることが多いです。

 

女性との距離感・好意のレベルにずれがあると、ガツガツしていると思われてしまいます。

 

なので、

自分の気持ちだけに従って、

女性との距離感を見極めずにグイグイいってしまうと、

高い確率で嫌われてしまうんですね(^_^;)

 

なんかやっぱり、

がっついてると引いちゃう、

気持ち悪いって思ってしまう

という女性は多いみたいです(汗)

 

わたしも過去にがっつきすぎて、

引かれてしまった経験があります(ノД`)

 

初めて彼女ができたときのことなのですが、付き合うまでは割と自分の気持ちをコントロールすることができていたのですが、告白して、それを受け入れてもらったことでかなり舞い上がってしまい、それまで抑えていた好意が溢れかえってしまったんですね。

 

「そんなに好きだったんだ…?(^_^;)」

みたいに若干引き気味に言われてしまいました。

 

その子からしてみたら、

どこにそこまで好きになる要素があったのか?

わからなかったみたいです。

 

自分の頭の中はその子のことでいっぱいでw

 

妄想に妄想を重ねて、

勝手に気持ちを膨らませていたんですよね(汗)

 

もちろん、すぐにフラれました…(ノД`)

 

付き合ったら好きになるかもしれないってことで、

期待を込めて付き合ってくれたみたいなのですが(^_^;)

 

その時点で結構冷めてしまったみたいです…

 

付き合う前とのギャップ(悪い意味での)

に引いてしまったんでしょう(ノД`)

 

好意がなくても、興味があれば

とりあえずデートに行く、

付き合ってみるという女性は結構います。

 

お試し期間みたいなものですね(^_^;)

 

(こういうタイプの女性もいるってことは

頭に入れておきましょう。)

 

なので、

デートに誘えた・付き合えたからといって

急に態度を変えてしまうと、

引かれる・嫌われる危険性があるので注意が必要です。

 

では、

「付き合う前の男女の間になぜ温度差があるのか?」

について見ていきましょう。

 

男女の恋に落ちるタイミングの違いを理解しておく

 

 

「男女で恋に落ちるタイミングが違う」

というのはご存じでしたか?

 

よく

男性は「スイッチ」

女性は「ボリューム(つまみ)」

で例えられています。

 

男性は極端な話、

会った瞬間に恋に落ちることができますよね(^_^;)

 

ほとんど話したことがないような相手でも

見た目だけで恋に落ちてしまう

ということは十分にありえます。

 

男性のほとんどは外見重視です。

 

あなたも外見から入ることが多いんじゃないでしょうか?

 

これはもう本能的なものなので抗うことはできません(汗)

 

あまり相手のことを知らなかったとしても、

一旦スイッチが入ってしまえば

一気に女性のことを好きになることができます。

 

逆に女性の場合はというと、

徐々に男性のことを好きになっていくことが多いです。

 

ボリュームのつまみを少しずつひねるように、

コミュニケーションを通して、

徐々に徐々に男性のことを好きになっていく

という場合が多いと言われています。

 

よほどのことが無い限り、

一気に男性のことを好きになる

ということはあまりないそうです。

 

「女性はあまり一目惚れをしない」

って聞いたことありませんか?

 

見た目がタイプだったとしても、

気になる・興味があるってだけで

それだけで好きになる

というところまではいかないみたいです。

 

一目惚れするにはするけど、

人柄もチェックしてみて合格点に達すれば付き合う

って感じですかね(^_^;)

 

女性は慎重に相手を選んでいるんですよね。

 

外見だけじゃなくて、

ちゃんと自分のことを大切にしてくれる人なのかどうか?

見極めているんです。

(それが正しいかどうかは別ですが…)

 

だから、付き合う前は

好意のレベルが「男>女」で、

しかも結構な差があるって感じです。

 

男性の方は好意のレベルはもう既に高い状態で、

その一方で女性の方はというと

好意のレベルは徐々に上がっていくので、

知り合ってすぐのころは

そこまで盛り上がっていないことが多いでしょう。

 

このことを理解・配慮せずに、

自分の気持だけを押し付けるようなアプローチをしてしまうと、

「なんかこの人ガツガツしてて嫌い」

ということになってしまうんですね。

 

そもそも、

なんでそこまで好かれてるのかわからなくて、

女性の方もびっくりしてしまうんですよね。

 

(上で話した、わたしの経験談みたいな事になってしまいます(汗))

 

特に、

ほとんど話したこともないような人から

いきなりアプローチされても怖いだけです(汗)

 

焦らず、女性のペースに合わせて、

徐々に距離感を縮めていくことができていれば、

積極的にアプローチしにいったとしても、

「ガツガツしている」と思われることはないでしょう。

 

積極的にアプローチはするけど、焦らずに。

 

あなたのことを知るための時間を

ちゃんと用意してあげることが重要です。

 

この男女の違いを理解しておけば、

「ガツガツしていると思われて嫌われる」

という失敗を避けることができるようになります。

 

「ガツガツしない=女性を口説かない、アプローチしない」

ではないです。

 

それだと、

今増えつつある絶食系男子の仲間入りになっていまいます(^_^;)

 

自分から動かなければ、

恋愛は始まらないことが多いでしょう。

 

どっちかといえば男性の方が惚れやすいですよね。

 

だから、

男性からアプローチするのは

ごくごく自然なことだと思うんですよね。

 

好きな女性に好意を示すということは

別にがっついた行為ではないので、

自分から女性にアプローチするという

積極性は失わないようにしましょうね^^

 

ただし、

女性の方が男性に比べて

ストライクゾーン(顔以外も)が狭いので、

ガツガツしないようにアプローチしたとしても

反応が良くないという場合があるかもしれません(^_^;)

 

そういった場合は

いくら頑張っても振り向いてはくれないので、

「しつこい」って思われる前に

見切りをつける潔さも必要ですね。

 

まとめ

 

 

まとめ

  • 女性の気持ちを考えずにアプローチすると、「ガツガツしている」と思われやすい
  • 男女で恋に落ちるタイミングが異なることを理解しておく
  • 「ガツガツしていない=女性を口説かない、アプローチしない」ではない

 

ガツガツしていると聞いて、

これまでいまいち積極的になれなかった

という方もいたかもしれません。

 

でも、

女性の気持ちの盛り上がりに合わせて

アプローチをしていけば、

積極的に女性にアプローチしたとしても

「ガツガツしている」

と思われることはほとんどなくなるでしょう。

 

事実じゃなかったとしても、

余裕のある男を演じてみるといいかもしれません^^

 

「女性には困ってないですよ」

みたいな雰囲気の方が、

「彼女がほしい、モテたい!」

のような必死な感じより女性に受けるのは間違いないです。

 

女性によっては

「狙われてるな」って思った時点で

引いてしまうという方もいますので、

そういう雰囲気を出さないような

自然な距離の取り方を身に着けておきたいですよね。

 

そういった距離の取り方や見極め方は

女性に会って慣れていくしかありませんので、

出会いを増やして経験値を積んでいくようにしましょう。

 

 

最後までありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す