敬語からタメ口に切り替えるタイミングっていつがいいの?

 

 

どうも白石です^^

 

ご無沙汰しております(^_^;)

 

ずいぶんと久しぶり(3ヶ月ぶり…)

の更新になってしまいました。

 

私事で恐縮ですが、

わたしのオススメする恋愛教材を

このブログから購入して頂いた方に

購入者特典をお渡ししようと考えています。

 

その製作に手こずっていました(汗)

 

ちなみにですが、特典の内容は、

  • 筋トレ(←やっと完成…)
  • ファッション(準備中)
  • 街コン・マッチングアプリ(準備中)

について、

有益な情報をまとめたものになります^^

 

…それはさておき(^.^;

もうすでに新年度がスタートしてしまいましたね。

 

新しい出会いの多い季節なので、

はじめて会う女性と会話をする機会も多くなるかと思います。

 

「そんなもんないわ…(´;ω;`)」

という方もいるかもしれませんね…(^_^;)

 

そのお気持ちはとてもわかりますが、

春は出会いを期待している人が多いので、

積極的に動いて、

出会いを増やしていきましょう!

 

 

ところで、

初めて会った女性と会話をするとき、

「敬語かタメ口、どっちでいくか迷ってしまう…」

という方いませんか?

 

わたしはそうでしたw

 

「明らかに自分よりは年下だけど、違ったら失礼だし、でも敬語だと堅苦しく思われないかな…」

 

みたいな感じで、

どっちでいけばいいのか迷ってしまい、

喋ってる最中に混乱して、

なんだかしどろもどろになってしまう…

という経験はいくつもありました(^_^;)

 

では、敬語とタメ口、

どっちの方がいいのでしょうか?

 

結論から言うと、

年下・年上に関係なく

初対面は敬語で接しましょう^^

 

いきなりタメ口で接してしまうと、

たとえ自分はフレンドリーなつもりでも、

 

  • なれなれしい
  • 礼儀がなっていない
  • 常識がない
  • チャラい
  • ナンパ師
  • ノリが軽い
  • ムカつく(笑) など

 

女性にこういった悪い印象を与えてしまうでしょう(^_^;)

 

たまにバラエティ番組に出てくるハーフのタレントで、

誰が相手でも構わずタメ口でしゃべる方がいますよね。

(キャラなのか本気なのかわかりませんが(汗))

 

そういった方を見ていて思うのですが、

なんかちょっと印象は良くないですよね?

 

ノリが軽いというか、

ア◯っぽいですよね…(;´∀`)

 

見てるぶんには

面白いのかもしれませんが(笑)

 

たとえ相手の女性の年齢が自分と同じか年下であっても、

初対面でいきなりタメ口を使うのはやめておきましょう。

 

細かいことかもしれませんが、

結構気にしている女性は多いみたいです。

 

意外とこういう細かいところから、

あなたの人柄を見抜こうとしているかもしれませんからね。

 

また、

「マッチングアプリ」で出会った場合は、

メッセージングアプリを介してのやりとりなので、

つい軽いノリでメッセージを送ってしまいそうですが、

こういった場合も同じく、

いきなりタメ口を使わないように気をつけましょう。

 

むしろ顔が見えないぶん、

丁寧に接した方が印象が良いと思います。

 

とは言え、

いつまでも敬語を使っていては、

お互いに距離を縮めにくいですよね。

 

なので、タイミングを見計らって、

敬語からタメ口に切り替えていきましょう。

 

「いや、そのタイミングがわかんないんですけど…」

って思っている方もいるかもしれませんね(;´∀`)

 

なので、今回は、

「どういったタイミングで敬語からタメ口に切り替えればいいのか?」

について見ていきましょう。

 

敬語からタメ口へ切り替えるタイミング

 

 

それでは、実際どういったタイミングで

敬語からタメ口に切り替えていけばいいのでしょうか?

 

それは、

「お互いに打ち解けてきたら」

でいいと思います。

 

「連絡先を交換した時」

「1~2回目のデートから」

みたいな明確な決まりは特にありません(^_^;)

 

うまく言葉で説明できなくて申し訳ないんですが、

「なんかお互いに打ち解けたな」

というタイミングってありますよね?

 

「それを説明せんかいっ」

って声が聞こえてきそうですが…(;´∀`)

 

例えば、

・会話してて、笑いが起こったとき

・共通の話題が見つかって盛り上がったとき  など

 

「距離感が縮まる瞬間」

というのがあると思います^^

 

お互いの緊張がほぐれるという感じですかね。

 

女性の顔にも笑顔が増えてくると思います。

(女性の表情はしっかり観察しておきましょうね!)

 

ただし、

マッチングアプリで出会った場合、

相手の表情が見えないので、

距離感を見極めるのが難しいと思います。

 

なので、実際に会うまでのやりとりは、

無理してタメ口にしなくてもいいんじゃないでしょうか?

 

ビジネスメールみたいに堅すぎなければ、

問題はないと思いますので(;´∀`)

 

また、

「相手をなんて呼べばいいのか聞くとき」

なんかも切り替えるのにいいタイミングだと思います。

 

いつまでも「名字+さん」ではよそよそしいですし、

いきなりちゃん付け・呼び捨ては抵抗があってできない、

また、それを嫌がる女性もいますので、

「お互いどう呼び合えばいいのか?」

という会話をしますよね。

 

このタイミングで、

ついでにお互いタメ口に切り替えることを

提案してみるのもいいと思います。

 

女性が敬語をやめようと提案してくるまで

待つのもありかもしれませんが、

相手がはっきりものを言えないタイプだった場合、

お互いいつまでたっても敬語のまま…

みたいなことになってしまう可能性も考えられますよね。

 

なので、タメ口でいいかどうか、

自分から提案するのが無難だと思います。

 

その際に注意ですが、

相手にタメ口を強制しないように注意しましょう。

 

例えば、

「年上の人にタメ口でしゃべるのが苦手」

という方も中にはいると思います。

 

そういった方に無理にタメ口を強制してしまうと、

それがプレッシャーになってしまうかもしれません。

 

もし自分が敬語だとしゃべりにくいのであれば、

タメ口でもいいかどうか、

一言聞いてから切り替えて、

「〇〇さんも気を使わなくて大丈夫ですよ^^」

みたいにフォローしてあげればいいと思います。

 

それに、必ずしも、

「敬語=あなたに興味がない」

ではないですからね。

 

そこだけで勝手に判断しないように気をつけましょう。

 

心を開くのに時間がかかるタイプの方もいると思います。

 

仲良くなっていけば自然と言葉は崩れていきますし、

気長に待ってあげればいいんじゃないでしょうか^^

 

他にも、

「敬語にタメ口を交ぜて、相手に気づかれないように徐々にタメ口に移行していく」

みたいな方法もあるみたいなんですけど、

こういうのができる人って、

あんまりそういうことを意識していないと思います(^_^;)

 

意識的にやろうとしても難しいというか、

喋りにくいですし、

相手の話に集中できなくなってしまうと思います。

 

マッチングアプリなどで、

メッセージでやりとりするときは有効かもしれませんが。

 

「話しているときの態度」がより重要

 

 

ずーっと敬語のままだと距離が縮めにくいのは確かです。

 

いつまでも敬語のままだと、相手の女性も

「壁を作られてるんじゃないか?」

と不安になってしまうかもしれません。

 

なので、

いずれはタメ口に切り替えたほうがいいでしょう。

 

ですが、

敬語で話しているから距離が縮まらない、

タメ口で話すから仲良くなれるのでしょうか?

 

確かにそれは1つの要因だとは思いますが、

敬語・タメ口うんぬん以前に、

 

・表情や雰囲気が暗くないか?

・話しやすい雰囲気なのか? など

 

「話をしているときの態度」の方が、

「敬語・タメ口、どちらを使うのか?」

よりも重要だと思います。

 

敬語でしゃべっていたとしても、

ニコニコと明るく話しやすい雰囲気でいれば、

相手もあなたに堅苦しいという印象は抱きにくいでしょう。

 

そもそも、

どっちでいくべきかどうか迷っている時点で、

「相手にどう思われるのか?」

ばかりを考えてしまっている状態だと思います(^_^;)

 

ですので、

あまり自意識過剰になりすぎず、

相手の女性との会話に集中しましょう。

 

「相手の女性と仲良くなりたい、もっと知りたい」

という気持ちで接していれば、

相手の女性も心を開いてくれると思います^^

 

 

まとめ

 

まとめ

  • いきなりタメ口はダメ
  • タイミングは「お互いに打ち解けてきたとき」
  • 敬語・タメ口の前に「話しているときの態度」の方が大事

 

男女の間柄でも、どんな場面でも、

礼儀を忘れずにいきたいですね。

 

(わたしも心がけていきたいと思います!)

 

「初対面の女性は年齢関係なく敬語で接する」

で統一しておけば迷わずに済むと思います^^

 

いきなりタメ口で話しかけられて不快になる人はいても、

丁寧に接してもらって気分が悪くなる人はいないと思います。

 

(仮にいたとしても関わらなければいいだけです(笑))

 

敬語だとしても、かしこまりすぎず、

話をしているときの雰囲気が明るければ、

堅苦しく思われることもないでしょう。

 

「どっちでいくか?」

「いつ切り替えるか?」

に意識をとらわれずに、

まずは女性との会話に集中しましょうね。

 

ただし、タイミングを逃して、

ずるずるいってしまわないように注意です(^_^;)

 

最後までありがとうございました(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 匿名 より:

    特典楽しみにしています

コメントを残す