モテ会話マスタープログラム(出水聡)をレビュー 評判通りの教材なのか?

 

どうも、白石です。

 

今回は、

「惚れさせるカラクリが全てわかる!」

と宣伝されています、

「モテ会話マスタープログラム」

という恋愛教材をレビューしていきたいと思います。

 

 

公式ページ

 

商品名:「モテ会話マスタープログラム」

価格 :17,800円(全額返金保証付き)

 

【特定商取引法に基づく表記】

販売業者   : 株式会社KABUTO

運営統括責任者: 出水 聡

所在地    : 〒111-0051 東京都台東区蔵前4-5-9 O.Tビル5階

 

【モテ会話マスタープログラムの中身】

 

▼本編

  • 本編動画(約5時間)

 

▼特典

  • 参加無料フォローアップセミナー
  • フォローアップメール
  • メールサポート3年間分(回数無制限)
  • スマホ対応動画
  • 無期限バージョンアップ

 

「モテ会話マスタープログラム」をレビュー

 

 

2015年にリニューアルされ、

未だに大手ASP「infotop」の売上ランキングに

ランクインしているロングセラーの恋愛教材。

 

その他レビューサイトでも高く評価をされていますが、

果たして

「モテ会話マスタープログラム」

は評判通りの教材なのか?

 

この教材で学んで、

実践すればモテるようになるのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう。

 

▼出水聡とは?

 

自称恋愛マスターで、

日本の恋愛家のトップ5にも選出されているそう。

 

(恋愛家ってなんでしょうね…(^_^;))

 

大学の非常勤講師で心理学を教えていた経歴や、

メディアへの出演経験もあるそうです。

 

今回の教材の販売会社、

株式会社KABUTOの代表でもあり

活動の幅がとても広いですね。

 

この教材の他にも、

数多くの恋愛教材を販売しています。

 

過去には、

ちょっと怪しい系の教材も販売していますね(^_^;)

 

リサーチをしていたら、こんなものを見つけました。

 

▼モテ会話マスタープログラムはどんな内容なのか?

 

この教材がどんな教材なのかというと、

「モテ会話マスタープログラム」

というタイトルの通り

会話ノウハウに特化した教材です。

 

「緊張して女性と上手く話せない…」

「いつもいい人止まりで恋愛関係に発展しない…」

 

このような悩みを抱えているような

「恋愛経験が全くない方」や

「女性との会話に自信がない方」などが対象とされています。

 

作者の雰囲気とは裏腹に(笑)

マインドコントロールみたいな怪しいものではなく、

誠実な方でも実践できる普通の会話教材です。

 

女性との会話の基礎講座といった感じですかね。

 

教材の中身は、

テキスト(PDFなど)は一切なく、

総計で約5時間の動画教材のみ。

 

専用サイトで動画の視聴・ダウンロードをするという形式です。

(DVD版も選択可)

 

内容の構成は、7つのチャプターで構成されています。

 

女性との会話の内容は、

「その女性と知り合ったばかりなのかどうか?」

「仲はいいのかどうか?」など、

距離感や関係性などで変わってきますよね。

 

例えば、

街コンなんかで会ったばかりの女性に

「どのへんに住んでるの?」のような

個人情報に関する質問は大抵の場合NGです。

(怖いですよね実際(汗))

 

ちゃんと段階を踏んでいくことがポイントです。

 

この教材では、

「知り合ったばかりの状態」から

「恋愛関係」になるまでの会話の仕方を、

段階を追って学ぶことができるようになっています。

 

以下がその内容です。

 

Chapter 1.「心の準備」

Chapter 2.「話しやすい男になるモテ会話」

Chapter 3.「打ち解けるモテ会話」

Chapter 4.「心を開かせるモテ会話」

Chapter 5.「笑顔にさせるモテ会話」

Chapter 6.「特別な関係を作るモテ会話」

Chapter 7.「恋愛へと発展させるモテ会話」

 

Chapter 2から実践編がはじまり、

解説の他に、出水さん本人が女性キャストと

会話を実演されている動画が用意されています。

 

その実践動画は、

NGな例(解説されたノウハウを使わない場合)、

OKな例(ノウハウを使った場合)の流れで構成されています。

 

全部あわせて観ると約5時間もかかるので、

かなりボリュームがありますね(^_^;)

 

▼モテ会話マスタープログラムの評価

 

 

それでは早速、

「モテ会話マスタープログラム」

の評価を見ていきましょう。

 

「モテ会話マスタープログラム」は、

動画のみの教材なので、

本編動画の内容がまとめられた文章(PDFなど)

用意されていません。

 

会話教材は映像の方が

「どんな風に話せばいいのか」

がわかりやすいですし、

「場面も想像しやすい」

というメリットがあるので、

適した形であると思います。

 

この教材では、

“ノンバーバルコミュニケーション”の重要性

を強調しているので、

声のトーン・テンション・身振り手振りなど

映像でしか伝えられない部分がポイントであるため、

動画教材であることは必然でしょう。

 

(※ノンバーバルコミュニケーションとは、

ジェスチャー、態度、表情など言語以外の要素で

行うコミュニケーションのこと)

 

特に、

女性と会話した経験がほとんどない方にとっては、

文字だけでイメージするのは難しいはずですからね。

 

本編動画も

図を利用したり、

重要な部分はテロップで表示するなど、

理解しやすくするための工夫はされています。

 

しかし、

1回観ただけで完璧に理解できて、

行動に移せるのであれば問題はないのですが、

やはりそれは不可能に近いので

何回か復習をするかと思います。

 

その際、動画しかないと、

いくつか用意されている中から、

今自分が復習したい箇所をいちいち探さなくてはいけません。

 

これって結構面倒ですよね…(^_^;)

 

また、

動画での学習は受動的になりがちなので、

「なんとなくわかったような気がして、終わり。」

みたいなことにもなりかねませんので(汗)

 

それを補うためにも、

「やっぱりテキストがあればなぁ」

といった感じです。

 

(この値段なら付けてくれてもよかったんじゃないかな

と個人的には思いますw)

 

そして、

会話に特化した教材なので、

良くも悪くも会話ノウハウについてのみしか学ぶことができません。

 

もちろん、会話は最も重要なスキルです。

 

このスキルが高ければ、

たとえルックスが良くなかったとしても、

その分を挽回することができるくらいですから。

 

でも、

この教材で対象とされているユーザーって

恋愛初心者の方たちですよね。

 

この教材を、

一番最初の恋愛教材として手にする可能性だってありえます。

 

なので、

「最初に選ぶ教材としたら」

という視点で考えて評価する必要があります。

 

そう考えると、

あまりオススメできないのかなと思います(^_^;)

 

会話の理論や仕方は学べるのですが、

女性と恋愛関係を築いていくという

その全体の流れが見えにくい印象を受けたからです。

 

実際、女性と恋愛関係を築くまでに、

「連絡先を交換して、LINEや電話でやりとりしたり、

デートを何回か重ねて、お互いが良ければ付き合う」

みたいなプロセスがあるのが一般的ですよね。

 

確かにこの教材では、

女性との距離感や関係性の段階ごとに

順を追って解説されています。

 

それに、

Chapter5あたりまでは

初対面の女性と会話をする時など

あらゆる場面で役に立つノウハウであると思いますので、

学んでおいて損はないです。

 

しかし、

Chapter 6.「特別な関係を作るモテ会話」と、

Chapter 7.「恋愛へと発展させるモテ会話」

はあんまり実用性がないのかなって気がします。

 

「特別な関係」や「恋愛関係」って、

会話のみで発展するものではないですよね?

 

会話の部分だけを取り出してしまっているので

わかりにくくなっているかもしれませんが、

女性と深い関係になるまでには、

「LINE・電話でのやりとり」や

「デート」などのプロセスが必要です。

 

その過程で

女性に信頼してもらったり、

好きになってもらうことで

はじめてそういった関係になることができるんですよね。

 

この教材は、

そこに至るまでのプロセス(時間の流れ)が考慮されていません。

 

なので、正直この教材だけで、

恋愛経験が少ない方がモテるようになる

ということは考えにくいです。

 

恋愛初心者の方がはじめてこの教材で学ぶと、

「よし会話スキルを学んだぞー、で何をすればいいの?」

ってことになってしまう可能性も(^_^;)

 

やはりはじめは、

恋愛というか彼女の作り方について、

全体的に学んだ方が良いのではないかと個人的には思います。

 

女性と関係を築いていく上で、

会話以外にも必要な要素がその他にもありますからね。

 

先ほども言いましたが、

女性と恋愛関係にまで発展する間に、

LINEや電話でのやりとり、デートなどの

プロセスを経る必要があります。

 

そのプロセスの間に役に立つ、

特に恋愛の初心者の方たちは

ぜひ知っておきたいポイントだっていくつかあります。

 

例えば、

LINEでメッセージだけのやりとりから

電話への切り替えのタイミングや、

デートの誘い方やデートプランの組み方、

エスコートの仕方など。

 

「なんかいろいろとめんどくさーな(# ゚Д゚)」

って思われたかもしれません(汗)

 

細かい事なんですが、それが結構重要なんです(^_^;)

 

真剣に恋愛をする場合、

女性と恋愛関係になるには、

LINEや電話でやりとりしたり、デートしたり、

多少の時間が必要なんですよね。

 

その理由は、

女性は男性を好きになるまでに時間がかかるからです。

(これは女性の本能が影響しています。)

 

男性みたいに、外見だけで

「もう今すぐにでも付き合いたい!!!」

みたいなことは滅多に起こりません(;´∀`)

(男は単純と言われてしまう所以なのかもw)

 

なので、はじめのうちは、

男女間で温度差があることが大半です。

(夜の営みの場合も同じ(汗))

 

そこで男性側が好きという気持ちを

コントロールすることができずに焦ってしまうと、

女性の方は気持ちの準備ができていないので、

上手くいかないという事が起きてしまいます。

 

特に、恋愛経験が少ないと暴走してしまいがちなので。

(私にも黒歴史があります…(汗)思い返すと胸が痛みますねw)

 

例えば、

・LINEで一方的にメッセージバンバン送ったり…

・相手の生活を配慮せずに電話をかけたり…

・いきなりデートに誘ったり…

・勝手に思いを膨らませて突然告白したり… など(^_^;)

 

(過去にやらかした事がある人もいると思います(汗))

 

「こういう事はタブーだから絶対しちゃいけない」

みたいなことを事前に知っておけば、

簡単にこのような暴走行為を抑えることは可能です。

 

(こんな事、絶対しないでくださいねw)

 

こういう細かいけど、

女性にマイナスポイントを

付けられてしまうような行為を避けることは、

会話スキルを伸ばすといった、

0を1にすることより先に済ましておく必要があります。

 

マイナスを0にすることの方が簡単ですし、

それだけでも彼女ができる可能性は十分に上がります。

(0は良くも悪くもないニュートラルな状態)

 

なので、

恋愛教材の意義はテクニックよりも、

こういうところにあるのかなって思います。

 

女性はあなたのことを総合的に見て、

付き合ってもいいかどうかを判断していますからね。

 

「モテ会話マスタープログラム」は

会話ノウハウのみに特化しているため、

恋愛について全体を総合的に学ぶことができないので、

恋愛初心者にはオススメできないという評価をさせていただきました。

 

まとめ

 

 

今回レビューした

「モテ会話マスタープログラム」は、

会話ノウハウに特化した教材でした。

 

作者の出水さんは、

ちょっと怪しい風貌をしていますが(笑)

誠実なタイプの方でも実践できるようなノウハウです。

 

会話がどうしても苦手な方が、

会話の仕方だけを学ぶのにはいい教材なのかもしれません。

 

しかし、

それ以上がないという点を考慮すると、

「恋愛初心者の方にはオススメできないな」

と個人的には思いました。

 

やはりはじめは、

総合的に学べるタイプの教材をオススメします。

 

恋愛について総合的に学んだ後に、

どうしても会話のスキルなど特化して伸ばしたければ、

今回の「モテ会話マスタープログラム」のような

1つの分野に特化した教材を買えばいいと思います。

 

会話スキルはもちろん大事なんですけど、

それだけを身につけたところで

他の要素がダメだったとしたら、

そのスキルを活かす場面までたどり着けない…

ということにもなりかねませんからね(^_^;)

 

例えば、清潔感がなかったり、

ファッションがダサかったりしたら

即刻、恋愛対象外にカテゴライズされてしまう危険性があります(汗)

 

なので、まずは総合力を高めていきましょう!

 

以下の記事を参考にしてみてください。

・【モテる男になるために】 清潔感を出す8つのポイントとは?

・清潔感は見た目だけじゃない!?もっと重要な要素とは?

・【モテる男性に変身】女子ウケするファッションとは?

筋トレをするとモテるは嘘?筋肉があるからってモテるわけじゃない?

 

最後までありがとうございました^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す